スポンサードリンク

2011年04月14日

iPhone3GS カバー&ガラス交換

放置しまくりのブログですが、誰か観てますか〜?

このブログを始めるきっかけになったiPhone3GSちゃんですが、1年と10カ月も使っていたらもーボロボロです。

iPhone発売当時、ある記者がスティーブ・ジョブスにインタビューしに行った際、記者のiPhoneにカバーがしてあったことでジョブスが不機嫌になったという記事を見て、こだわりのあるデザインが隠れるカバーを付けるのは邪道だっ!というポリシーで、ノーカバー・ノーライフで過ごしてきたわけです。


その結果がこちら。

旧カバー1.JPG旧カバー2.JPG
 
半年ほど前、あまりの傷の多さにサンドペーパーで表面を削ってぴかぴかにしてやりましたが、コーティングが無くなってしまったのか、逆に汚れやすくなりましたけどね。


何度も落としたり、走行中の自転車から落としてアスファルト上をかなりの勢いで滑らせたりとハードな環境の中、表面のガラスが割れることは無かったのですが、先日足を骨折しまして、松葉杖でぴょこぴょこ歩いていると、その振動でポケットからiPhoneがごろんと地面へ落ちて・・


旧ガラス割れ.JPG

ついにというか、よく今まで割れなかったというか、表面ガラスが割れちゃいました。


さあこのiPhone、そのまま使うか、修理するか。
修理するなら、SBショップ/Appleストア or 非正規の業者 or DIY(自分で)


私のiPhoneは脱獄(改造)している関係で交換はしたくない。
もうすぐ出ると言われているiPhone5を購入後も、中国出張用で、この3GSを使い続ける可能性は高い。
交換用パーツも安くなってきている/交換方法の解説サイトもたくさんある。


というわけで、割れた表面ガラスと傷だらけの背面パネルを購入して、自分で修理することにしました。

DSC05194.JPG

左:純正背面カバー+交換キット(1500円)
右:3GS用ガラスパネル+デジタイザー(2250円)


背面カバーはネットショップで購入しましたが、中国から発送だったようで、1週間ほどかかりました。
カバーの規格マークや文言が、自分のものと若干違うのは、海外仕向なんでしょうか?(左:旧、右:新)
DSC05206.JPGDSC05205.JPG


また、交換キットが付いててラッキーと思いましたが、全く使い物になりませんでした(笑)
精密ドライバーはプラスとマイナスが1本ずつ入ってますが、先端が合わず。
分解に使う吸盤はヨレヨレで吸着せず。
樹脂の分解用パーツは曲がるし折れる。



ガラスパネルはオークションにて購入。
こちらは出品者の方がスムーズに処理してくれたので、落札後2日で到着。


"iPhone3GS" "分解"などのキーワードで調べるとたくさんHitしますが、ココが一番分かりやすかったので、参考にさせていただきました。

iFixit

英語のサイトですが、写真だけでもよく分かるし、分からない時はgoogle先生に訳してもらえばよいでしょう。

さあ、パーツも届いた。手順も一通り見てイメージも出来た。
交換修理やってみよー!!


と、いきなりの結論からいきますが、

『背面カバー交換はやめとけ』

です(笑)

表面ガラスの交換は、両面テープで接着されている部分を剥がすのがやや難しいだけで、問題無いでしょう。
今回はやってませんが、電池交換も20分有れば出来るレベルです。


しかし!背面カバー交換はなめたらあっかーん〜♪です。

まず、背面カバーには両面テープや接着材で取り付いている部品が多く、外せても正規の位置に取り付けるのが困難です。
特にイヤフォンジャックと、金属フレーム部分。


また、交換前のカバーと新品のカバーでばらつきがあるのか、ドックコネクタのAssyがしっくりはまらず、かなり苦労しました。

あと、SIMカードを抜き差しする部分のレバーを固定するネジがあるんですが、なんと新品のカバーにはネジ穴が空いていません。
カバーの不良品かと思いましたが、調べるとそういうものらしく、自分で下穴をあけてネジ止めしました。


それ以外にもいろいろありますが、とにかく背面カバー交換は2度とやりたくないくらい嫌になりました(笑)

最後に全体を通して、これから交換する人へのアドバイス。

・必ず電源はOFFして作業始めてね。
スリープボタン長押し⇒電源OFFバーをスワイプ。忘れちゃうと基板を壊す可能性があるのでお忘れなく。


・ネジが小さく、しかも種類が複数あるので、紛失防止と誤組付防止のために、テープの上にばらした順番通りに並べる
なるだけ広いテーブルの上で、作業面積には余裕を持って。
写真のように並べとくと後々便利。

DSC05196.JPG

・両面テープや接着材で取り付けている部品も多いので、先端が薄く強度のあるヘラなどあるとスムーズに作業できる
初めはどのくらいの力を入れていいか分からず、こえぇー!と思いながらの作業になると思います。
強度のある樹脂製のヘラがあると便利かも。


とまあ、いろいろ苦労もありましたが、分解・修理したことで中身も理解できたし余計に愛着も出たので良しとしましょう。
何といっても見た目は新品になりましたしね。

DSC05203.JPGDSC05204.JPG


まとめ
■作業内容
・背面カバー交換
・ガラスパネル交換

■経費
・純正背面カバー:1,500円
・3GS用ガラスパネル+デジタイザー:2250円

■作業時間
・約4時間(背面カバー3時間、表面ガラス1時間)


はやくiPhone5出ないかな〜


 

posted by ゆうじろう at 11:56| Comment(0) | iPhone活用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。